人気の看護師求人サイト TOP5

数ある看護師求人サイトの中でも、口コミ評価が高いサイトだけを厳選してランキング比較しました。

特に、マイナビ看護師は質の良い非公開求人が豊富でサポートが素晴らしいことで有名です。

順位 求人サイト名 特徴 支援金 詳細
マイナビ看護師 1分で簡単登録!質の良い非公開求人が豊富 特になし
ナースではたらこ 転職の不安・疑問点を電話等で徹底サポート 30万円
ナースフル 看護師専門アドバイザーが転職成功サポート 特になし
看護のお仕事 職場の雰囲気や人間関係も事前に聞く事が可能 最大5万円
ナース人材バンク 大手上場企業が運営で、安心な転職が可能 特になし

救急外来の求人を選ぶときはここを注意してください。

救急外来は人手不足が深刻な分野です。仕事自体がハードなことはもちろん、
なかなか給料が上がらないことも、人手不足に拍車をかけています。

 

結婚や出産といった事情のほか、体調を崩して仕事を続けられなくなった、
体力の限界を感じてほかの診療科目に移動したという看護師も多いです。

 

こうして次々と看護師が救急外来から離れていき、残った看護師に更なる負担を
強いているという状況が続いています。

 

救急外来としては、一人でも多くの看護師がほしいところ。
それも、経験を備えた即戦力となれる人材がほしいのです。

 

あなたが救急外来を経験したことがない場合や、慢性期医療の経験が長い場合、
救急外来の面接を受けても不合格になってしまう可能性があります。

 

まずはその医療施設が未経験者を可能にしているかをよく確かめてください。

 

可能である場合は、未経験者に対する研修やフォロー体制が充実しているところが多いです。

 

もっとも大切なのは、勤務する看護師自身が向上心を持つこと。
しかし、未経験の場合はフォロー体制があったほうが、仕事にもなじみ安いでしょう。

 

救急外来は高度な知識・技術が要求される場所です。
ここで働きたいと思うなら、バックアップをただ受けるのではなく、自ら進んで
仕事にかかわっていく積極性も欠かせない要素となります。

救急外来にはこんな看護師がむいています。

救急外来に向いている看護師は、どんな状況にも冷静に対応し、正確な判断を下せる人材です。

 

運ばれてくる患者に対してどんな処置をすればいいのか、どの患者から優先して治療をする
べきか。それを正しく判断する能力が、救急外来では欠かせません。

 

もちろん、最初から完璧な判断が下せる看護師なんて存在しませんし、
実務経験を重ねていくことで救急外来の資質を目覚めさせていくものだと思います。

 

過去に急性期医療を経験している人は、そうでない人に比べていくらか
救急外来の仕事にも慣れやすいでしょう。

 

逆に、慢性期医療の経験が長かった人には救急外来の仕事は慣れにくいかもしれません。

 

救急外来で仕事をしていくうえで、変化に適応していく能力は欠かせません。
精神的・肉体的にも非常に負荷がかかる仕事だということは、よく覚えておいてください。

 

救急外来は患者本人だけでなく、その家族のケアも行う必要があります。
身内が突然命の危機にさらされ、動転していることも多いため、
ケアには細心の注意を払わなくてはなりません。

 

救急外来を希望するなら、求人は転職支援サイトで探しましょう。
救急外来を備えている病院は大規模のところが多いですから、ハローワークや求人雑誌では見つかりにくいです。

救急外来の看護師の役割とは?

救急外来で大切なのは、緊急性の高い患者に素早く処置を施すことです。
そのために「トリアージ」を習得しなくてはなりません。

 

トリアージとは、患者の症状に合わせて緊急性を分類する行程です。
脈拍・血圧・呼吸数・外相や出血・意識の有無などから緊急性を判断、
高い患者から優先して治療を受けられるように手配します。

 

救急外来では次々と患者が搬送されてきます。
いつ新たな患者が搬送されてくるのがわからない以上、重症の患者を優先して治療しなくてはなりません。
このトリアージができるかどうかが、救急外来で仕事ができるかの分かれ目といえます。

 

救急外来はめまぐるしく状況が変化していく場所ですから、
医師やほかの看護師の支持を仰ぐ暇もなく、自らの判断で治療をすることもたくさんあります。
急性期医療の経験が少ない人には、難しい職場かもしれません。
また、ブランクが長かった人や看護師としての経験が浅い人にも難しい職場といえるでしょう。

 

救急外来で働くということは、高度な医療技術と知識、そしてチームワークが問われるのです。
患者の生命に直にかかわり、命を救う喜びに出会えるというやりがいがある職場ですが、
非常に大変な職場でもあります。

 

もし希望するなら、しっかりと仕事内容を研究してからにしましょう。